カメラ持って娘と車を撮る人

canon EOS 6D+EF70-200 2.8LⅢを使って、車と娘の撮影をしています

MENU

海外製のカースピーカーを簡単に取り付けするアイテム

 

 

f:id:kazuki9404:20200615012925j:plain

車のスピーカーを変えようと思った時、カロッツェリアアルパインなどのなどの国産スピーカーとロックフォードなどの海外スピーカーと選択肢が2つに別れると思います!

 

カスタムフィットスピーカーなどの、幅広い車種にポン付けできるのは国産スピーカーがおおいですが、スピーカーに拘りたいと考えると海外スピーカーがいいなと思う人もいるかとおもいます!

 

でも、海外スピーカーは取り付けが大変だったりで諦める方もいるかとしれませんが、海外スピーカーを簡単に取り付けれるようになるアイテムがあります!

 

 

取り付けが大変な理由

取り付けが大変な理由の1番はスピーカーの内径の違いによるものです。

国産のスピーカーは、10センチ、16センチ、17センチとあり17センチスピーカーの場合で、スピーカーの取り付け位置、内径は139mmです。

一方、海外スピーカーの多くは16.5センチが多く、内径は142mmから144mmでお店で売ってる17センチ用のインナーバッフルを使っても、スピーカーの内径のが大きく、干渉して取り付けできないということになります。

 

そのため、海外スピーカーを取り付ける時は、インナーバッフルを自作する、17センチ用のインナーバッフルを加工するなどの手間がかかってしまいます。

 

 

 

 16.5センチスピーカー用インナーバッフルボード用スピーカー

海外スピーカーを取り付ける際に便利なアイテム、AL165SB5というインナーバッフルスペーサーがあります。

AL165SB5という製品は、一般的にお店で売られているインナーバッフル、アルパインKTX-シリーズもしくはカロッツェリアUD-K5シリーズと取り付けスピーカーの間へ挟んで取り付けします。

 

 

間に挟むだけで、内径144mmのロックフォードのスピーカーも取り付けることができました!

 

インナーバッフルに固定用のタッピングビスは別途用意してください。

 

まとめ

海外スピーカーを取り付ける際の便利アイテムを紹介しました!

スピーカーは人によって、どこのメーカーのスピーカーが好きか別れると思います。

海外スピーカーも選べれば、選択肢もかなり広がります。

妥協を減らして、いいスピーカー選びをしましょう!