カメラ持って娘と車を撮る人

canon EOS 6D+EF70-200 2.8LⅢを使って、車と娘の撮影をしています

MENU

一眼レフで撮った写真をスマホに直接転送する方法

f:id:kazuki9404:20210210004834j:plain


少し前までは、一眼レフで撮った写真は、家に帰ってパソコンに転送というのが一般的な方法でした。

今は、便利になり撮影した後、その場で直ぐにスマートフォンなどの携帯へWiFiやBluetoothを使って、転送することが出来るようになりました。

僕の一眼レフ、EOS6DもWiFiを使用してスマホへ転送することができます。

その場で、スマホへ転送できるので一眼レフの画面では、分かりにくい微妙なピントズレもすぐに確認することができます。

TwitterやInstagramなどのSNSへリアルタイムに投稿することも可能になります。

ここでは、具体的にどのような方法でスマホに転送するのかを紹介していきます。

 

一眼レフの無線機能を使う

これが、1番主流となっている方法です。

メリット

  1. 無線機能に対応した一眼レフとスマホが、あれば使用できる。
  2. 撮影中にも転送できる。

デメリット

  1. 取り込み速度が遅い時がある。
  2. バッテリーの消費が早くなる。
  3. JPEGにしか対応していない。
  4. 無線機能に対応した一眼レフが必要。

 

近年、発売された一眼レフには大抵、付いてる機能でその他のアクセサリー類は必要なく、一眼レフとスマホさへあれば、一眼レフから発するWiFiやBluetoothの無線機能を使ってその場で、スマホに写真を転送することができます。

ただ、無線での転送となるので、一眼レフとスマホの接続が上手くいかなかったり、取り込み速度が遅いというデメリットもあります。

無線を一眼レフが飛ばすので、必然的にバッテリー消費も早くなります。撮影枚数が多ければ、予備バッテリーが必要というケースも出てくると思います。

そして、RAWデータで撮影してレタッチ(編集)をしたい場合は、無線機能での転送はできません。

JPEGとしてスマホに送られてしまうので別の方法を取るようになります。

今、所有している一眼レフが無線機能に対応していなければ、本体を対応機種に買い替え無ければなりません。

最後、2つのRAW撮影をして、レタッチをする方と今、所有している一眼レフが無線機能に対応していない場合は、これから紹介する転送方法を使うことでできるようになります。

WiFi対応SDカードを使う

一眼レフの無線機能と同じようなSDカードが売られています。

メリット

  1. 無線機能を持っていない一眼レフでもWiFiでスマホに転送することができる。

デメリット

  1. WiFi機能の持ったSDカードを購入する必要がある
  2. 取り込みに時間がかかる場合がある
  3. 古い一眼レフだとSDカードでは無いことがある。

WiFi対応のSDカードを差せば、無線機能も持った一眼レフと同じようにスマホへ写真をすぐに転送することができるようになります。

使いやすさを考えると東芝製のFlashAirがあります。

初めて買った一眼レフが無線機能に対応していなかったのでこの方法でスマホに転送していました。

前に紹介したのと同じく、取り込みに時間がかかることがあります。

古い一眼レフだと、SDカードではなくコンパクトフラッシュの場合があります。WiFi機能の持ったコンパクトフラッシュはないため、変換アダプターにSDカードを差して使用するようになります。

カードリーダーを使う

この方法を使うと無線機能を持っていない一眼レフでも使えますし、RAWデーターの転送も可能なため、スマートフォンに転送してスマートフォンでレタッチをすることが可能になります。

メリット

  1. 無線機能を持っていない一眼レフでもスマホへ、転送することができる。
  2. 取り込み時間が早い。
  3. RAWデーターの転送ができる。

デメリット

  1. 撮影中は転送できない。
  2. 別途カードリーダーを購入する必要がある

一眼レフ本体から、1度SDカードを抜いてカードリーダーに差し込み、スマホに転送するため、撮影中の転送はできません。

無線機能を持っていない一眼レフでも使えますし、無線機能で転送するわけではないので取り込み時間も短くなります。

そして。この方法の1番のメリットは無線機能では、転送することのできなかった、RAWデーターの転送もできる点です。無線機能では、RAWデーターの転送は出来ないので、家に帰ってパソコンに取り込んで、レタッチをする必要がありますが、カードリーダーを使うことで、その場でRAWデーターの転送、レタッチをすることができるようになります。

まとめ

以上の方法を使うことで、一眼レフからスマホへ直接写真を転送することができるので、リアルタイムにSNSへ写真を投稿することができます。

2泊以上の旅行などでも、カードリーダーを使えばホテルで、RAWデーターのレタッチまでできるので、パソコン要らずです。

紹介した方法は、どれもメリット・デメリットも存在するので、自分に最適な方法を選び、その場その場で使い分けてみてください。