カメラ持って娘と車を撮る人

canon EOS 6D+EF70-200 2.8LⅢを使って、車と娘の撮影をしています

MENU

SONY ミラーレス一眼カメラ「α6000」のレビュー

メインのカメラは、CanonのEOS 6Dを使用して写真を撮っています。

そして、サブ機としてコンパクトなミラーレス一眼「α6000」も使用しています。

「α6000」の用途としては、メインの6Dには望遠レンズ、サブ機の「α6000」に広角レンズをという使い方が主です。

家族旅行などの際、子供が小さいため極力、荷物を減らしたい時は「α6000」のみの時もあります。

今回は、サブ機として使用中の「α6000」のレビューをしていきます。

外観

f:id:kazuki9404:20210313021110j:image

さすがはミラーレス一眼とだけあって、かなり小さく軽いです。

本体重量は285gです。

フルサイズ一眼と比べるとそのコンパクトさは一目瞭然。

液晶画面は、チルト式になっていてローアングル、ハイアングルでの撮影が便利です。

小型軽量のミラーレス一眼カメラですが、画素数の方は2430万円画像のaps-cセンサーを搭載しているのでスマートフォンは、もちろんデジカメなんかより大きいセンサーサイズなため画質もいいです。

‪ミラーレスには、一眼レフのようなファインダーの無い機種が多いです。この‪α‬6000には、ファインダーが付いてるため一眼レフのように覗いて撮ることも可能です。実際には、モニターの画面をファインダーに写しているみたいです。

昼間のモニターの見えにくい時などに、ファインダーで撮影できると便利な面もあります。

いい点

α6000を使用していい点を紹介していきます。

  1. コンパクトで持ち運びしやすい。
  2. チルト式画面が便利
  3. スマートフォンへの転送が簡単
  4. USB給電が可能
  5. AFが早くて優秀

コンパクトで持ち運びしやすい。

先程の、外観の方でも言いましたが非常にコンパクトです。

小さくて軽いので女性の方でも、扱いやすいと思います。

小さな子供を連れてる方も、子供を抱いてても撮影できますし、遊びながら撮影もしやすいです。

フルサイズ一眼レフ機だと、子供を抱いて、遊びながら撮影なんてことは男性の方でも難しいです。

サイズがコンパクトなので、専用のカメラバッグを使用しなくても普段使いのバッグに忍び込ませて使いたい時に、サッと取り出すことも可能です。

チルト式画面が便利

f:id:kazuki9404:20210313021238j:image

液晶画面が、上下に自由に動かすことができるので、ローアングル撮影、ハイアングル撮影が楽に行えます。

子供やペットを撮る時。同じ目線で撮りたいと思ったら、液晶画面を上向きにしてローアングル出とることができます。

逆に液晶画面を下向きにして、被写体を見下ろすように撮ることもできます。

このような、ローアングル、ハイアングル撮影は固定式画面では厳しいためチルト式画面は、大変便利です。

 

www.kazuki955.com

スマートフォンへの転送が簡単

撮影した写真をWiFiにて、その場ですぐにスマートフォンに転送することができます。

撮影した直後にリアルタイムでSNSなどに投稿するこや家族や友達と写真の共有をすることができます。

小さな液晶画面では、分かりにくい微妙なピントもその場でスマートフォンに転送して確認することもできます。

 

www.kazuki955.com

USB給電が可能

撮影枚数が多い時なんかは、バッテリーの持ちが心配になりますよね。メインのEOS6Dでは、念の為2個バッテリーを常備しています。夜間に長時間露光なんてしてたり、WiFiを使ってたりしたらバッテリーの消費もかなりはやくなります。

α6000では、USB給電が可能なので出先でもモバイルバッテリーや車の中のシガーソケットからでも充電をすることができます。

スマートフォン用に1個は、モバイルバッテリーを持ってる方も多いのではないでしょうか。撮影に行く時は、車移動がメインって人も多いでしょう。USB給電ができるのはかなり便利です。

AFが早くて優秀

AFも早く、一瞬の瞬間も逃しにくく撮影できます。

AFエリアもかなり広いです。

動き回る子供の撮影くらいなら、かなりピントを追従してくれます。画面の隅っこの方へ行った時もちゃんとピントがあっています。

悪い点

バッテリー持ちが悪い

本体サイズが小型なので、大きいバッテリーはいれれず、ミラーレス一眼なので、常時ライブビューなので仕方ないのですが、一眼レフ機に比べるとバッテリー持ちは悪いです。

撮影枚数が多いとあっという間です。USB給電を使い上手く対策したり、予備バッテリーを持つ必要が出てくるかも知れません。

交換レンズの種類

‪α‬6000のデメリットというよりは、sonyのミラーレスカメラ全般なんですが、まだまだ新しい部類のカメラなため、Canonほど交換レンズの種類も多くなく、高価なレンズが多いです。

まとめ

コンパクトでカメラとしての性能も充分です。

本体価格の方も新品、中古ともに手頃な価格で手に入れることができるので初めてカメラの購入を考えている方にもオススメできる機種です。